谷田義弘税理士事務所

三重県鈴鹿市 谷田義弘税理士事務所

, …

日本経済をみる❶(谷田義弘税理士事務所)

売上減少(業種別昨年同月比)

  • 飲食店…100%
  • 宿泊業…99%
  • フィットネスクラブ、映画、劇場など…96%
  • 運輸業…87%
  • 卸売・小売業…85%
  • 製造業…84%

「コロナ危機」の性格

  • 供給ショック…移動制限によるグローバルサプライチェーンの寸断等
  • 需要ショック…対面サービスや人の移動に関連した需要の蒸発

未曾有の経済危機

 

「新たな日常」

  1. 接触回避=デジタル化オンライン化の加速
  2. 職住不近接=地方居住・生活地選択→労働市場のグローバル化
  3. 「ギグエコノミー」=デジタル技術を活用した新しい働き方(無人化・AI化)の進展
  4. 社会的リスクの補完=失業・貧困・高齢者・保健衛生・インフラ対策
  5. グローバリズムの修正=国家の役割が増強され、経済安全保障の定着
  6. 社会理念・価値観の変容=危機の際の集団対応力、持続可能性・民主主義のあり方

私見

  • 「コロナ」によって日本経済がどうなっているのか?概観できたように思います。業種によって、売上に大きな打撃を与えていることがわかります。飲食店に至っては、100%売上高減少です。
  • コロナ危機」の性格も明らかにしていました。需給両面から大きな影響をもたらして「未曾有の経済危機」へと突き進んでいるようです。何とかしなければなりません。
  • 新たな日常」も見据えています。デジタル化の進展地方への分散などが趨勢(すうせい)となるのでしょうか。

 

日本経済の行く末を踏まえた経営計画を立てるなら…

「コロナ」で新しい世の中が近づいています。これに順応した経営計画を考えていかなければなりません。数字に頼りすぎない、心に響く経営計画をお考えなら、谷田義弘税理士事務所にお任せください。

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

このような事でお困りではないでしょうか?

  • 帳簿のつけ方がわからない
  • 決算書の見方がわからない
  • 税務調査の対応
  • 経営アドバイスを専門家に聞きたい

☆鈴鹿市の税理士事務所「谷田義弘税理士事務所」の3本柱☆

【丁寧なご説明・ご指導】
【それぞれの事業所にマッチしたサービスの提供】
【大きな企業にはない小回りのよさ】