谷田義弘税理士事務所

三重県鈴鹿市 谷田義弘税理士事務所

ある税理士の一日(2020.07.16)

本日も、「コロナ」に関して身近にあった情報をお届けいたします。ご参考になさっていただければ幸甚に存じます。

小売業社長(40代男性)との面談より

  • 「コロナ」前までは人手不足と節税で悩んでいたものの、皮肉なことに、いずれの悩みも「コロナ」が解消してくれた。ところが、今度は売上が落ち込んで思うように利益を出せなくなった。
  • その売上の落ち込みは厳しく、なかなか明るい見通しが立たない。じっと我慢のときだと思っている。
  • とはいうものの、倒産防止(セーフティ)共済(節税)は続けていく。
  • 店舗改装で売上がまた少し落ち込むけれども、そのキャンペーンをやって広告宣伝に努める。

⇒前年比で業績を捉(とら)えていますが、前期はかなり好調だったこともあって当期は苦戦されてみえます。

⇒周辺の不利に作用してしまう情勢が重なってしまったことも苦戦の一因だと考えられますが、それらはいずれ解消され、業績の回復につながると考えられます。私も「我慢のとき」だと思います。

小売業オーナー(60代男性)との面談より

  • 顧客の消費行動の傾向は、あちこちの見せにいくのではなく、一つの店に回数をたくさん行くようになっている(ヘビーユーザー化)。
  • 「飽きない店づくり」を目指している。具体的には、他店との違い、昨日との違いを印象づけることが大切だと考えている。
  • 具体的には、「コーヒー プレゼント キャンペーン」「シール10枚でプレゼント」など何でもいいのでイベントをやっていることが顧客の安心につながっていくと考えている。
  • このように、前からやっていることに変化を加えている。たとえば、「コロナ」の影響でなくなってしまったフェアの代替策など。
  • これらを実際に行動して、三重苦(「コロナ」・長雨・フェアの中止)の中でも売上増に成功することができた。


⇒最近低迷していた業績が、驚くほど回復しました。これが完全な復活かどうかは今しばらく様子を見る必要がありますが、私が訪問したとき駐車場は満車で停めるところがありませんでした。

⇒とても勉強になりました。ありがとうございました。

その他

  • 障がい者就労支援施設運営会社社長との初面談…立ち上げたばかり(3月設立)だけれども、「コロナ」の影響を受けてしまい、「持続化給付金」の申請対象となった。
  • 美容健康関連事業代表との初面談…「コロナ」の影響は甚大で、死活問題となっている。「持続化給付金」で凌(しの)ぎたい。

⇒いずれも初めてお会いした方でしたが、開業・法人設立されたばかりで「コロナ」の影響(売上半減)を受けられました。この試練をバネに大いに飛躍していただきたいと思います。鈴鹿の谷田義弘税理士事務所がしっかりサポートさせていただきます。

まとめ

  • どの事業者の方も、少なからず「コロナ」の影響を受け、これをどう乗り切るのか?それぞれ異なりはしますが、真剣に考えておみえです。
  • 今やるべきことは何か?私も考えて、それを行動します。

経営助言をお求めなら

当事務所では、月次決算を解説しながら、毎月財務に関するミーティングをしています。この例月面談で経営アドバイスをするサービスを提供しています。帳簿をつけることは容易なことではありません。このたいへんなことを税金の計算だけに用いていてはもったいないと思います。帳簿は、経営にあたっての重要な判断材料になるものと考えます。このように、谷田義弘税理士事務所は経営についてもご相談に応じることができます。どうぞお気軽にお問合せください。

 

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

このような事でお困りではないでしょうか?

  • 帳簿のつけ方がわからない
  • 決算書の見方がわからない
  • 税務調査の対応
  • 経営アドバイスを専門家に聞きたい

☆鈴鹿市の税理士事務所「谷田義弘税理士事務所」の3本柱☆

【丁寧なご説明・ご指導】
【それぞれの事業所にマッチしたサービスの提供】
【大きな企業にはない小回りのよさ】