谷田義弘税理士事務所

三重県鈴鹿市 谷田義弘税理士事務所

「資本性借入金」の活用を!

コロナ」の影響で業績不振に陥(おちい)る企業も多いかと存じますが、今回は資金繰りを強化する手法の一つとして「資本性借入金」を取り上げてみたいと思います。聞き慣れない言葉だと思いますが、使い勝手がよくなっていますので、これを機会にご検討いただければと存じます。

「資本性借入金」とは?

金融機関が財務状況等を判断するにあたって、負債ではなく、資本とみなすことができる借入金のことです。

「資本性借入金」の条件

・償還条件…5年超
・金利設定…「事務コスト相当の金利」の設定可能
・劣後性…必ずしも「担保の解除」を要さない

「資本性借入金」の活用例

新型コロナウイルス感染症の拡大等により、資本不足に直面しているが、将来性があり経営改善の見通しがある企業

「資本性借入金」のメリット

既存の「借入金」を「資本性借入金」の条件に合致するように変更することによるメリットはつぎのとおりです。
①資金繰りの改善
・長期の「期限一括償還」が基本であり、資金繰りが楽になります。
・業績連動型の金利設定が基本であり、業況悪化時は金利が低くなります。
②金融機関から新規融資が受けやすくなる
・「資本性借入金」を資本とみなすことで、会計上の財務内容が改善され、新規融資が受けやすくなります。

おわりに

長期にせよ短期にせよ、「借入金」は負債ということになりますが、同じ借入金でも、今回ご紹介申し上げた「資本性借入金」は、資本(純資産)に組み込まれます。
しかも、既存の「借入金」を「資本性借入金」に変更することができます。
金利も優遇され、担保の設定も有利になるかもしれません。
借入をしている金融機関にとっては、不都合なことも多いとは思いますが、「ダメ元」で一度ご検討いただこればと存じます。

「資本性借入金」に関するご相談は

当事務所は、融資のご相談も承(うけたまわ)っております。どうぞ、以下のメールにてお気軽にお問い合わせください。






 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

このような事でお困りではないでしょうか?

  • 帳簿のつけ方がわからない
  • 決算書の見方がわからない
  • 税務調査の対応
  • 経営アドバイスを専門家に聞きたい

☆鈴鹿市の税理士事務所「谷田義弘税理士事務所」の3本柱☆

【丁寧なご説明・ご指導】
【それぞれの事業所にマッチしたサービスの提供】
【大きな企業にはない小回りのよさ】