谷田義弘税理士事務所

三重県鈴鹿市 谷田義弘税理士事務所

相続税に必要な書類➋

令和2年10月12日(月曜日)

本日(令和2年(2020)年10月12日(月曜日))は、好天に恵まれましたが、蒸し暑い一日となりました。事務所は朝から夕方まで事務所の窓を開放しての営業となりました。

午前と午後にそれぞれ1件ずつ顧問先(法人)様の決算・申告書類へのご署名とご捺印をいただきました。いずれももう少し時間をいただきたかったのですが、私自身の事前準備不足は否(いな)めませんでした。反省します。

午後の郵便で、ようやく遺産分割協議書がそろい、これで預貯金の凍結解除ができる運びとなりました。「法定相続情報一覧図」を用いてのこととなります。今月中には、遺産分割を完了させられそうな見通しが立ちました。難易度の高い業務で、4か月近くかかってしまいましたが、あと一歩です。

先日面談した方より、本日無事に相続税の受任をいただきました。今回も相続税に必要な書類をランディングページの方へ掲載させていただきます。今回は、不動産を相続した場合に必要となる書類をご案内申し上げます。どうぞご参考になさってください。

夕方には、昨年事業承継税制の適用を受けることができた顧問先様の継続届出書類の下書きに着手しました。9,586万円もの節税を継続させるとても重要な手続きとなります。ミスは許されません。期限内にきちんと提出できるよう、今から準備しておきます。

他にも、顧問先様との面談で税務や経営に関するご相談を賜(たまわ)りました。私の知らないこと(「児童館」「学童保育」「医療・介護向け補助金」「Go To トラベル」「新電力」などなど)もずいぶん教えていただく機会となりました。

このように、本日もたいへん充実した一日を過ごさせていただけました。

相続税の申告に必要となる書類

そして、相続税に必要な書類に関する詳しい内容(前回の続き)は、つぎのブログをご高覧ください。また、ホームページはこのメールと同じ内容をアップしてまいりますので、今回もランディングページのみをご案内申し上げます。

本日分のURLは、以下ランディングページのみとなります。どうぞご高覧ください。

【ランディングページへのURL】

tanida-tax.jp/blog/blog/20201010-941/

相続でお困りの方はこのメールにてご一報ください!






 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

 ご相談は初回無料!お気軽にお問い合わせください。 

このような事でお困りではないでしょうか?

  • 帳簿のつけ方がわからない
  • 決算書の見方がわからない
  • 税務調査の対応
  • 経営アドバイスを専門家に聞きたい

☆鈴鹿市の税理士事務所「谷田義弘税理士事務所」の3本柱☆

【丁寧なご説明・ご指導】
【それぞれの事業所にマッチしたサービスの提供】
【大きな企業にはない小回りのよさ】